空手の大会に向けて親子で練習頑張ってます!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年08月12日 (火) | 編集 |
「おばあちゃんの容態が悪いから広島にお見舞いに行ってきます」

母から電話があり、両親が10日、広島に向かった。

数年前から糖尿病と闘ってきたお婆ちゃん。
数ヶ月前から癌も併発し かなり弱ってるとの事・・・。

お婆ちゃんにとって 元気の源は ショウ君。
たわいもない事でも ショウの日常の話を聞くだけで
ケラケラと病気とは思えない大きな声で電話口で笑ってた。
会いに行った時は すごく嬉しそうに 愛おしそうにショウを
抱きしめて 笑ってた。

「今すぐ、お婆ちゃんに会いに行かなくちゃ絶対に後悔する!!」

そう思ったと同時に お盆なのに新幹線の時間も調べずに
家を飛び出してた。
妹も同じ事を思ったみたいで 「今すぐ広島に行く!」と言うので
東京駅で待ち合わせをして 一緒に広島に行くことにした。

東京駅で妹と会ってビックリ!
同じような真っ赤なTシャツを着ているの!
「お婆ちゃんに元気になってもらいたいから
1番明るい色の洋服を選んできた」
っていう理由も同じで さすが姉妹って考えることが
一緒なんだな~って嬉しくなっちゃった!
ちなみにショウも派手なオレンジ色のTシャツ。

幸い、グリーン車なら なんとかチケットを取る事が出来て
11日、両親より1日遅れで
派手な3人組は
お昼の新幹線に飛び乗ることができた。

208111.jpg 
「大好きなN700系に乗るですよ~!」

ショウは 新幹線に乗れて大はしゃぎでしたが
途中で2時間ほど寝てくれたので
なんとか4時間の道のりを 騒ぐことなく過ごしてくれたので助かりました。

208112.jpg
「ボク、いい子にできたよ!」

広島について そこからタクシーでお婆ちゃんが入院している病院へ。

いつもだったら 私たちを見たら
「ショウ君~ よく来たね~ 大きくなったね~!」って抱きしめてくれるのに 
そこにいたのは
ベットで酸素マスクをして苦しそうに息をしている お婆ちゃんの姿だった・・・。

ちょっと前まで 元気にしてたじゃない!?
3月に会いに行ったときは 一緒にご飯食べて遊んだじゃない?
まだあれから4ヶ月しか経ってないよ?
信じられない・・・。

呼びかけても反応なく 目も閉じたまま・・・。
このまま逝ってしまうの?
どうしても どうしてもショウの姿を見せてあげたくて
何度も耳元で 「おばあちゃんー!ショウ君と遊びにきたよ~」って
話しかけた。 
ショウも小さな手で曾ばあばの手をにぎりながら
一生懸命 「曾ばあば~ ショウちゃんだよ~ 起きて~」って
話しかけてた。

そしたら 一瞬、お婆ちゃん 目を開けて私たちを見たの!!
本当に一瞬。
その時 意識が戻って
私たちが来たことに気づいてくれたような気がしたんだ。

実際、夜8時、ショウを寝かせなくちゃいけないから
病室を出るときに 
「おばあちゃん、また明日来るからね!」って声をかけたら
手をあげようとしたの。
バイバイしようとしたのかも。。。
私たちのことが分かっているってことだよね?
それだけでも来て良かった~って心から思った。

ここで 父と妹とショウと私の4人は近くのホテルに。
曾じいじと母と母の妹は病室に残り、朝まで付き添うことになった。

ところが いつも8時には寝るショウが
この日に限って なかなか寝ないの。
そういう私たちも なんだか落ち着かない・・・。

夜10時、母から
「呼吸が止まる回数が多くなってきた」と電話。
父と妹が急いで病院へ行こうとすると
ウトウトしかけていたショウも 飛び起きて
「ショウちゃんも行くー!!!」とすがりついてきた。
私が 「もう遅いからショウはママと寝てよう」と言ったら
「どうしてショウちゃんは行っちゃ駄目なの~?」って
泣き叫ぶの。
今まで寝なかったということは ショウも何かを感じてるのかもしれない。。。
そう思って 再び全員で病院へ駆けつけた。

母の言うとおり
お婆ちゃんの心拍数をうつしているコンピューターの数字は
5分ごとに0に・・・。 
その度に 全員が「おばあちゃん~!!起きて~!!」と叫び
心臓をマッサージしたり ゆすったりして 
お婆ちゃんを あの世から 引き戻す。
このまま眠らせてあげたほうがいいのかな?という気持ちと
まだまだ眠らせない!という 複雑な気持ちが混ざり合いながら
みんな必死に お婆ちゃんに付き添っていた。

12時頃、心拍が安定してきたので
父と妹と私とショウは いったん引き上げることに・・・。
こんな時間まで ショウはよく頑張ったものだ。

そしてホテルに戻って ウトウト寝かけていた
早朝3時55分、
母から 「お婆ちゃんが息を引き取りました」と連絡がありました。

入院する直前まで 見えない目で虫眼鏡をくっつけて
一生懸命 ショウの写真やブログを読んでいたお婆ちゃん。
ショウの成長を何よりも楽しみにしていたことが
分かっていたのに どうしてもっとブログを更新してあげなかったんだろう・・・。
どうして もっと電話して声を聞かせてあげなかったんだろう・・・。
どうしてもっと遊びに行ってあげなかったんだろう・・・・。

後悔したらキリがなくて
涙が止まりませんでした。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとう!
★康生くんママ
うん、私も 最後みんなに見守られて お婆ちゃんは
幸せだなって思ったよ。 よしみちゃんもいっぱいお婆ちゃん孝行
してあげてね!

★こうたくんママ
久しぶり! コメントありがとうね。
後悔ってしたらキリがないから これからは今生きている大切な人たちに心から感謝して接していきたいなって思うよ。

★りえママ
あっけなく天国に逝ってしまったよ・・・。
もっと広島に行ってあげれば良かったなって思うわ。
今度からは 残された曾じいじに会いに ちょくちょくまた
広島に行くことがあると思うので その時は また遊んでね!

★みぃちゃん
最後に会えていなかったら 後悔しまくりだったと思うけど
会いにいけたから それだけでも良かったなって思うよ。
 
2008/08/22(金) 21:06:19 | URL | しょうママ #-[ 編集]
曾お婆ちゃん、がんばったね。
呼んでたらウルウルしちゃったよ。
最後に会えて本当によかったね。
2008/08/20(水) 12:21:35 | URL | みぃ #-[ 編集]
曾おばあちゃん、逝ってしまったんだ。。どうなんだろうってドキドキしながら読んでて、私も「がんばって!」って願ってたのに。。
読み終えて涙が止まりません。。
しょうちゃんも、みんなも本当に曾おばあちゃんのことを最後まで想って、曾おばあちゃんもきっとその気持ちを十分にわかって、笑顔で逝けたんじゃないかな?
曾おばあちゃんはこれからもずっとみんなの心に笑顔のまま残ってるだろうし、曾おばあちゃんもきっと天国からしょうちゃんたちの成長を見守ってくれると思うよ。
2008/08/19(火) 12:53:37 | URL | りえまま #-[ 編集]
ショウママお久しぶりです。
今、会社のパソコンからブログを拝見しているんだけど
涙が溢れそうになりました。
私も自分のおばあちゃんに対して
もっとこうしてあげれば良かったとか
後悔ってあげたらきりがないんだけど
新幹線に飛び乗って駆けつけた優しさ、おばあちゃん分かってたと思う。おばあちゃん最後にショウママやショウちゃんの声が聞けて
嬉しかったと思うよ。
おばあちゃんが天国で安らかに眠れますように。
2008/08/19(火) 12:28:45 | URL | こうたママ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/18(月) 21:43:40 | | #[ 編集]
曾おばあちゃん、残念だったね・・・。
4ヶ月前まで元気だったのに、分からないものなんだね・・。
うちの曾お婆ちゃんはまだ元気だけど、そう思うと
もっと会いに行きたくなってきたわ・・。

曾おばあちゃんも、親族みんなに最期を見てもらえて
きっと幸せだったね!!
大好きなショウちゃんまで来てくれたんだもの!
妹さんと同じ考えで、広島行き決定&赤い服!の行動は
本当に曾おばあちゃんは想われているんだな~って
思ったよ。そんな親族に囲まれて、
曾お婆ちゃんの事は知らないけど
きっと、曾お婆ちゃんは幸せな人生を過ごせたんだろうな~って
思うよ!
2008/08/18(月) 19:28:49 | URL | 康生ママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。