空手の大会に向けて親子で練習頑張ってます!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月01日 (金) | 編集 |
うちに届いた某サイエンス教室からのダイレクトメールを見て
ずーっと「実験教室に行きたい!」と言っていたショウ。

白衣を着て 様々な薬品や器具を使って実験をする教室です。
確かに、ショウはこういうの好きそう!!

と思い さっそくいくつか通えそうな場所にあるサイエンス教室の
料金や口コミを調べてみましたが・・・。

内容は良さそうだけど高い!!!

S教室 
入会金2万円、年間施設費1万8千円、年間通信費3700円、
月謝6200円(120分×月1回)

E教室 
白衣、防護眼鏡代 3千円
維持費 1050円、月謝1万500円(90分×月2回)

H教室 
入会金1万500円、実験キット 18900円、
教材費 2100円 月謝 9450円(90分×月2回)

ヒェェ~ 18900円もの実験キットを買って
数回で「つまんないから辞めたい」なんて言われたら 
もったいなくて 絶対辞めさせられないわよ~
あっ、これが作戦なのか?

そんな中 執念で調べていたら とってもリーズナブルな
実験教室を見つけました!

それが近くのカルチャーセンターで行っている
学研の科学実験教室!

入会金 2625円(カルチャーセンターの会員になるための入会費)
月謝 3570円 (90分×月2回)教材費 1260円

な~んてリーズナブルなんでしょう~!!

内容も お高い実験教室のような本格的なものは ないにしても
音や光、空気、磁石など身近なものを使った実感がたくさんあって
まだ小学1年生のショウには ちょうどいい感じ
しかもちゃんと月に2回もあるし~。

(もうこれしかない~!)と即入会し、さっそく1回目の
教室に行ってきました。

ショウの他に 新2年生が2人、新4年生1人、新5年生1人、
新6年生1人というメンバー。
他のみんなは すでに1年間やってきた子たちで
この中に入ってやっていけるのかな~なんて思いながら見学。

この日のテーマは 表面張力の実験。

いきなり難しそう~!!なんて思ったけど
さすが先生、シャボン玉を使って楽しく実験を進めていき
ショウは大喜び~。

110401_174009[1]
三角形のシャボン玉を作っているところです。

もう、本人にしたら しゃぼん玉遊びの感覚で・・・(^_^;)
先生に何度も「もうおしまい~!片付けて~」といわれても
「もっと遊びたい~!!」と駄々をこねる始末
(遊びに行ってるんじゃないですから)と何度 後ろから
注意したいと思ったことか・・・(^_^;)

お兄ちゃんたちとも すっかり打ち解け
タメ口で「え~!そうなの~?」「見て~ こんなのできたよ~」
なんて楽しそうに ちゃっかり仲間に入ってました。
昔から 人見知りも場所見知りもしなかったけど
本当に どこに連れて行っても お友達作って
やっていける子だわ~と思ったわ(笑)

最後は レポートを書いて終了。

dc040201(てがき1)

実験で感じたこと、面白かったことなどの感想を書くのだけど
ちゃーんと 
「ふしぎなかたちのシャボン玉ができて楽しかった」と書けていて
先生に花丸もらえました(*^_^*)

次回も 表面張力について実験するそうで
1ヶ月に1テーマをじっくりと学ぶのだそうです。

本人すでに「明日も行きたい~!!」なんて言うくらい
気に入っている様子(*^_^*)
しかし、お風呂の中で 今日やった実験のテーマを聞いてみると・・・

「なんだっけ~? しゃぼんたまあそび?」
だって

表面張力という言葉は一生覚えてもらえそうにないわ~
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントありがとう!
★yuさん
最近はすごく実験教室が増えたと思います。でも、どこも高い~!! もう少し大きくなって それでも興味を持っていたら本格的な実験教室を通わせてあげてもいいかなって思います。もう1つロボット造り教室にも通いたいっていってけど(^_^;) 
我が家、習い事で破産しそう~。
2011/04/11(月) 21:59:38 | URL | しょうママ #-[ 編集]
No title
ショウちゃん、楽しそうですね~!

子供の科学離れが始まって、このような教室が増えた気がします。

楽しい実験で科学に興味を持てば これから先が楽しみですね。
2011/04/02(土) 22:47:10 | URL | yu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。